東京大学受験おすすめホテルメトロポリタンエドモント宿泊記

ホテルメトロポリタン
東大(理系本郷キャンパス)受験の際に利用した飯田橋のホテル、メトロポリタンエドモントが受験生にとってもおすすめなので宿泊したときのことをまとめました。

受験生はもちろん、親目線でもとっても満足できる宿泊でした。

ホテルメトロポリタンエドモント

東大(理系本郷キャンパス)受験の際、利用したのが飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモントです。

公式サイト>>>https://edmont.metropolitan.jp/

JR東日本系の運営ですね。

受験生本人の希望は、キャンパス目の前のホテルより少し離れてクールダウン?できるところが良いとのこと。

何度か泊まったことのある東京ドームホテルか、一度も泊まったことがないここかで迷ったのですが、とりあえず併願私立の際はお試しを兼ねてメトロポリタンに宿泊することにしました。

決め手は、部屋の広さとバストイレセパレート。

東京ドームホテルは広さは良いのですが、予約できる部屋はすべてバストイレがユニットになっていました。
我が子はユニットバスがあまり好きではない・・・とのことで、まずは併願校で、こちらのホテルにお試し宿泊しました。

ホテルメトロポリタンエドモントは飯田橋にあるので何処へ行くのも本当に便利です!
東大だと地下鉄の南北線で2駅か、大江戸線でも2駅です。
実際、当日朝もさほど混雑なく便利でした。

ホテルメトロポリタンエドモント イーストウィング ファミリールーム

泊まったのはこちらのイーストウィングファミリーというお部屋。
メトロポリタンエドモント ファミリールーム

イーストウィングという隣の別館(ロビー階で繋がっています)にあるバストイレセパレートの部屋で5人まで宿泊可能です。

受験生に嬉しいポイント

受験生のホテルといえば、スタンドと加湿器完備というところがほとんどですが、
メトロポリタンエドモントはそれに加え、大きめの机でとても勉強しやすかったそうです。
イーストウィングテーブル

部屋の奥が全部ソファベンチになっていて、荷物を置いたりくつろげるスペースもしっかりあるのもポイント。
メトロポリタン ベンチ

またホテルの部屋は照明が白熱灯でムーディなところも多いですが、
このファミリールームはなんと天井蛍光灯!
イーストファミリーウィング照明

こういったほうが普段勉強している自習室などと変わらないため、かえって落ち着いて勉強できるとのことでした。

広めのテーブルで買ってきたものを並べて向かい合って夕食も食べられました。
メトロポリタン テーブル

定番キットカットも宿泊日数分もらえますよ(こっちは国立のときの分です)。
キットカット

またバストイレセパレートで洗い場があるお風呂、まさに自宅チックです。
風呂椅子がついているのが嬉しいです。
イーストウィングバスルーム

空の冷蔵庫とカップやグラスなど必要十分でした。
イーストウィングアメニティ

東京ドーム側の部屋をお願いすると首都高も見えて見晴らしがよいです(受験会場の方もよく見えます)。
窓からの眺め

ホテルメトロポリタン飯田橋にはなんと自習室があります

ホテルを探している時に面白いなと思ったのが専用自習室があるということ。

大学受験期間は受験生が誰でも使える自習室が解放されているんです。

自習室はこんな感じでした。
(たまたま誰もいないタイミングがあって写真を撮ることができました!)
ホテルメトロポリタン自習室

同じタイプのファミリールームに机を並べて10人くらいなら一度に利用できる感じでした。

お菓子やお水もあって受験生には嬉しいポイントです。
メトロポリタン自習室 お菓子

メトロポリタン自習室お水や飲み物
ホテルの方も皆さんとっても親切で受験生をサポートしてくださる気持ちが伝わってきました。

宿泊当日ならチェックイン前から利用できるそうなので早く着いた場合はこちらで勉強することもできますね。

静かな部屋のソファでくつろいで休むこともできます。
メトロポリタン自習室ソファ

宿泊したときは親子で宿泊している受験生がやはり多かったのですが、もちろん一人で来ている受験生もいます。

ひとりでシングルルーム利用という場合でも、こういった施設があると親としても安心ですよね。

同行する親が嬉しいポイントも

まずこのお部屋、そんなプランにしたっけ?と思ったのですが
脚マッサージ器とイオンスチーマーがついてました。
メトロポリタンフットマッサージャー

メトロポリタンイオンスチーマー

まさに受験生に同行するお母さんのためのグッズかと!!

受験生の母って何かと気を使いますよね、
受験生のフォローでやることも多いし、2月ともなるとストレスも疲れも相当溜まってるけど、
受験生本人のことを考えたら自分のことなんて構っていられないしグチもこぼしていられない!

このお部屋はそんな母を優しく包んでくれました!

長旅で?疲れた脚をマッサージ器に入れてグリグリグリグリ、
イオンスチーマーでうるおいタップリ、
部屋でひとりでいるあいだはじっくりと満喫できました(^.^)

館内利用券もついていたので、1階にある人気のパティスリーでスイーツ買ったりお土産にパンもたくさん買って帰りました。
メトロポリタンチョコ

メトロポリタンエドモントで注意すること

受験シーズンは朝早くから朝食会場で行列ができます。

このホテルはイーストウィングのレストランが朝食メイン会場ですが、
6時台からオープンしていました。

6時半から7時くらいにかけて食べ始める受験生が多いようで、
6時40分くらいにいくと割と長めの行列ができていました。

6時50分頃に並び出すくらいなら
7時からオープンするサブの朝食会場に7時丁度に入場するほうが早く食べられます。

我が家は両方利用しましたが、サブ会場はコンパクトでメインのレストランより品数も少なめですが
パッと食べられる方が受験生にはいいですよね。

最低でも2泊は必要となる東大の試験。
連泊するので一日ホテルの部屋を使える日があることになります。

その間頑張っている我が子を応援しつつちょっと一息つけたホテルだったんです。

利用したプランは近畿日本ツーリストのこちらでした
1日5室限定!館内利用券付 禁煙イーストウイングファミリー

じゃらんや楽天トラベルなどでも同じプランがあると思います。

メトロポリタンエドモントは朝食券を昼食に変更することも可能です。
試験が終わって翌日帰ったのですが、その日は昼食ビュッフェを楽しんでから帰りました。
メトロポリタンランチ
デザートたくさん食べました(^^)

飯田橋は早稲田大学などの東大併願者が多い私立大学へのアクセスも良く本当に便利な立地です。

受験ホテル選びの参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする